【自然素材の家「無添加住宅」に住む!】漆喰を剥がしてしまった!その時は・・・。

2020年11月28日

こんにちは。もくもく村の坂本です。

前回の【自然素材の家「無添加住宅」に住む!】シリーズでは、システムキッチンの引き出し整理への取り組み事例をご紹介いたしました。

その際の次回予告(?)で、我が家に起こった事件をお届けする予定~とお伝えしておりました。
それは・・・

あらまぁ、こんな有様に。

対面キッチン越しにカウンターが無かったので、壁をくり抜き、板を埋込み、支えはアングルで取り付けを行いました。
板と壁の隙間を埋める前に、身長約80センチの下の子が、爪を立てて「バリッ」とやってくれました。

親の悲鳴をよそに、娘は「やったったーっ(やっちゃったーっ)!」と楽しげ。
多少の削れ・欠けはあると思っていましたが、これほど、しかも人為的に剥がれるとは!

こんな時は、先ずは燃え上がる気持ちを抑え、楽し気な娘を抱きしめ、娘への愛情と共に家への愛情も思い出し・・・。

仕方無いので、剥がれた周りの浮いた部分も剥がし、
補修用の漆喰をネリネリ。
家にあった金ゴテでヌリヌリ。


塗った直後はこの様に。
乾いていない部分は色が合わないように見えますが、乾けば同様に白になります。
本当は木ゴテで塗れば、塗り目が合いますが、自宅だし足下で目がいかないだろうという事で良しとしました。


乾いたらこの様な感じになりました。
漆喰だったので、剥がれても多少のことであればカモフラージュできました。

自然素材は良いけど、漆喰は手入れが大変!と心配な方もいらっしゃると思いますが、画びょうの跡や、ちょっと削れた・欠けたなどであれば、粘土を練って埋める様な感覚で簡単に補修できるので、あまり気にならないと思います。

更なる事件が起きましたら、また投稿します。

 

また、実際にこんな話もできますので、自然素材の家に興味を持たれましたら、ぜひ、住宅総合展示場もくもく村のきりんホームも見学してみてください。

■千葉で建てる自然素材の家 きりんホーム
https://www.kirinhome.co.jp/

Pocket

カテゴリー: 無添加住宅  タグ:, , , , , ,
2021年6月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930