ウイルスを不活性化する家!

バイオメディカルサイエンス研究会 瀬島理事長と対談

コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、2020年3月16日弊社の代表として、山根維隨先生がバイオメディカルサイエンス研究会 瀬島理事長と緊急対談いたしました。

そこで、コロナウイルスと漆喰壁についてお話をお伺いしました。
ウイルスには、大きく2種類あり、エンベロープウイルス、ノンエンべロープウイルスがあります。

エンベロープウイルス
特徴:ウイルスが脂質に包まれている。
種類:コロナウイルス、インフルエンザウイルス、SARS等
ノンエンべロープウイルス
特徴:ウイルスが脂質に包まれてない。
種類:ノロウイルス、ロタウイルス等

漆喰がコロナウイルスに有効な2つの理由!

  • 1.漆喰はアルカリ性です。 アルカリ水溶液は腐食性があり、脂肪を鹸化し、タンパク質を変性させ加水分解します。
    その為、人における病原体を含むエンベロープウイルスを不活性化させる理論が成り立ちます。
  • 2.漆喰の保温効果がエンベロープウイルス生存率を下げる。 エンベロープウイルスが好む環境は、気温と湿度が低い場所です。
    気温と湿度が低い場合にはエンベロープウイルスが活発になり、繁殖しやすくなります。
    漆喰が有効なのは、気温と湿度を一定の値を維持しエンベロープウイルスの繁殖を抑え、不活性化することができるからです。

※今回の対談により、漆喰の家に住まうことでエンベロープウイルス【インフルエンザ・コロナ・ SARS等】から感染及び、感染拡大を防ぐことができ、また、感染者の隔離部屋としても大変有効であることが分かった。