【自然素材の家「無添加住宅」はここが面白い!】外観が変化する家

2020年11月9日

こんにちは。もくもく村の坂本です。

今回は、住宅総合展示場もくもく村の中の、見えないところまで自然素材で作る「無添加住宅」の特徴についてお話しします。

 

もくもく村のきりんホームが建てる無添加住宅は、内壁外壁ともに漆喰で仕上げるのが特徴です。
真っ白の漆喰の外観は、陽の光を浴びるとそれはそれは輝くような白さで目を引きます。

しかし、施工期間の半分くらいは、白とは程遠い真っ黒の外観なのです。
いま木更津市で建築中のOD様邸の外観を参考に、こんな感じです。

無添加住宅の外観(コルク)

白い家を注文したはずなのに、真っ黒でしょ。。。

それが、ある日を境に、急に真っ白に変化します。
変化後はこんな感じです。

無添加住宅の外観(漆喰)

ちゃんと真っ白になりました。
これでお施主様も一安心。

これは、外貼り断熱材の炭化コルクに漆喰を塗るからなんです。
コルクは真っ黒、漆喰は真っ白。
「黒かった家が真っ白に変わったよ」なんて話をされると楽しいです。

街中で真っ黒の家を見かけたら、真っ白に変わるタイミングを見てみてくださいね。

また、自然素材の家に興味を持たれましたら、ぜひ、住宅総合展示場もくもく村のきりんホームも見学してみてください。

■千葉で建てる自然素材の家 きりんホーム
https://www.kirinhome.co.jp/

Pocket

カテゴリー: 無添加住宅  タグ:, , , ,
2021年8月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031