山根一純の「伴天風水」デザインでたてる住宅

風水・家相を信じる?信じない?「風水」は「いにしえ」からの贈り物

2022年01月05日

「伴天風水」創設者の山根維随です。

間取りといえば、「風水」とか「家相」が気になる方もいるでしょう。

実は私は若い頃は全く気にならなかったのですが、縁あって「風水や気学」など色々勉強したり、仕事として何棟もの家を建てているうちにわかってきたことがあります。

風水は「いにしえ」からの贈り物

まず風水というのは、古くからの人たちが試行錯誤して後世に伝えてきたものですので、ある意味とても実践的なものです。

なのに、逆に世の中には怪しくていい加減な「風水もどき」が氾濫しています。

風水というのは明るい色を身につければいいとか、そんな簡単なものではありません。

その人によって違うものですから、みんな一緒なんていうことはあり得ないのです。

その人の生まれた年、月、 日、時間でも違うわけです。

例えばベストセラーとなった有名な風水の本には、黄色い財布表はお金持ちになれるなんて書いてありますね。

果たして皆さんお金持ちになれたんでしょうか?

例え黄色いものにそういう効果があったとしても、誰が持ってもいいというものではありません。

これでは根拠のない占いですよね。

あなたには、あなたに良い色というものがあります。

そして同じ色でも今という限定した時に良い色、財運に良い色、健康に良い色、それぞれ違います。

どうか風水は占いではなく、先人たちの伝えてきた実践的な教えだと知ってください。

そしてそれをあなたの家づくりに上手に活用してください。

IMG_6093.jpg

この記事の執筆者

山根 一純

もくもく村創始者
NPO法人 幸せな家づくり
研究会理事長

山根 一純やまね いずみ

昭和60年4月、環境保全業を立ち上げると、日本でも住環境が注目されるようになり、私は意を決して「もくもく村」を創設しました。健康な生活は住まいからという信念で、当時問題となっていた「シックハウス症候群」を一切排除しようと立ち上がったのです。

元来、日本には春、夏、秋、冬という季節に合わせた先人たちの住まいの工夫がありました。今では生活が便利さを追求するあまり、私たちの身の回りには化学物質があふれ、かつてはなかったような病気に悩まされています。それは私たちの生活の基盤である「住まい」にまで及んでいます。

新築、リフォーム、転居などで、住宅に使用されるホルムアルデヒドなどの化学物質によって引き起こされるアレルギー症状が、今でも私たち、子どもたちを脅かしています。安価で便利な化学物質を使用した工業製品による健康被害をどう解決していくべきかという問題は深刻なのです。

私は、日本の四季に合った、住まう地域に合わせた先人たちの住まいの知恵を取り入れた家づくりに注目しました。森に囲まれた自然環境と暮らしの展示場「もくもく村」を開設したのは、私のそんな思いからなのです。

ご来村された皆さんに、「健康で幸せな家族」になるためには「安心できる家」があってこそ、という思いを共有していただきたいからです。そのために、行っているのが有害な化学物質を一切排除し、工務店では不可能に近いといわれる「完全無添加住宅」のご提案です。

風水デザイン設計で細部までこだわるゆえに、柱の数の多さは、他社と比べてはるかに多い。どこまでも妥協しない家づくりです。住む家族みんなが自然素材の持つエネルギーにつつまれて、心身そのものが本来の健やかさを取り戻します。

さらに「水や木にも心が宿る」言霊を信じている私にとって、住まうご家族のことを思う心を一本一本、新築の木々に念願することによってご家族をお守りすることができることを強く信じております。

このことは科学的根拠という領域をはるかに超えた、哲学的な直観領域です。その直感力を高めてくれるのが「私たちはおおいなる命の循環の中に在る」ということを常に感じさせてくれるこの地の大自然です。

「もくもく村」は、大地の匂いのする家づくりを皆様にご体感していただける唯一の森の中の総合展示場となっています。