制服、アルマーニ、そしてもくもく村

2018/03/11

春です。ぴっかぴかの小学一年生が、まだ体にぴったりなじんでいないような新しい制服に身を包んで、学校へ通い始めるのはもうすぐですね。

 

制服といえば、銀座の公立小学校の校長がアルマーニブランドの制服を導入するというので、大騒ぎになりました。ひと揃いが7万~8万円もするというので、保護者の方々の間では賛成するよりも反発する声のほうが多かったという印象です。「公立小学校なのに、アルマーニなんてぜいたくすぎる」「子どもの背はすぐに伸びるので、制服が合わなくなってしまう。そのたびに買い替えるなんて無理」などなど。

 

辛口のコメントで評判のデヴィ夫人いわく、「この校長、バカじゃないの? (バーバリーやエルメスにも声をかけて断られたとの校長の言い分に)アルマーニに失礼じゃない!」ですと。

 

小学校の制服、それも公立小学校の制服がこんなに大騒ぎになるのは前代未聞のことです。さすが、銀座ですねえ。

 

わがもくもく村のスタッフも制服に身を包んでお客さまをお迎えしております。夏季は薄いブルーのブレザー、冬季は白の中綿ブルゾンで、もちろんアルマーニではありません。

 

「〇〇は着てても心はにしきぃ~」という唄がありましたね。あれです、あれ。皆さまを精一杯、お・も・て・な・し致しますので、もくもく村で見かけたら気軽にお声掛けください。お待ちしております。

NAKAちゃん

 

制服を着た私たちがご案内します

 

 

 


カテゴリー: もくもく村  タグ:, , , ,
アーカイブ
2018年6月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930